熊本の税理士のSMTコンサルティング株式会社「Nitta’s BLOG」

TOP > Nitta’s BLOG
2015.11.09

ライトアップ

消費税の議論が進んでいるようですが。




消費税は、「消費」に対する税ですから、


そこに「差」を付けようとするから、


おかしなことになる。






「差」は所得税の累進課税


という立派な制度で


既に成り立っている。






と思うのですが。


さて、どうなるやら。。。






____________________


____________________






土曜日は、法人会主催の


県庁ライトアップコンサート


を運営してまいりました〜♪






雨の中、沢山の方々が見えられ、


プロのミュージシャンの演奏も


素晴らしかった(^-^)


 


 


 


sIMG_3505.jpg

 


 


 


 


s12191849_915580331854140_6949907787908726924_n.jpg

 


 


 


 


s12191579_915580295187477_5781396084733668606_n.jpg

 


 


 


2015.11.06

20%台

実効税率が20%台になれば、


法人成りが増えてくるでしょうね。


まさか、政府はこれを狙っている?






所得の高い個人が半分税金を納めるなら、


間違いなく、法人化したほうが有利。


これって、我々税理士も追い風なのかな〜。






いや、簡易な法人税申告は、


きっと、システムで完了できるようになる。


となると、そうでもないのかな〜。






_________________


_________________






今日は、午後から天草本渡で、


マイナンバーセミナーですー。


100人は集まるらしい。ちょっと、ドキドキ(笑)


 


2015.11.05

違和感

旭化成建材の問題ですが。


この会社だけが改ざんを行っていた、


なんてことはないですよね。






きっと、他の会社も、


いまかいまかと、


戦々恐々。






業界で充満していた悪習に


違和感をどれだけ感じるか。


その違和感を大切にできるか。






きっと、どの業界でもそうだし、


生きてりゃ、人間、


毎日、違和感だらけ。






他人の違和感を尊重し、


自分の違和感も大切にする。


そんなことが必要なんだろうな〜(^-^)




 


_____________________


_____________________





『人間の一生は誠にわずかの事なり。




好いた事をして暮らすべきなり。




夢の間の世の中に、




好かぬ事ばかりして、苦しみて暮らすは愚かな事なり。』






(山本常朝 葉隠口述者)


 


 


2015.11.04

チャイニーズ

最近は、どこもかしこも、


中国人でいっぱい。




キャナルシティでは、中国人に取り囲まれる。


熊本城にも、中国語がどこそこから。


小豆島にも中国人の若い女性。


ドラックイレブンには、中国人のカップル。


新幹線車両では、中国語で写真撮影。






で、どうして、


ちょっとだけ、こんな気持ちになってしまうのだろう。。


こんな気持ちって…、言えません(笑)


 


2015.11.03

監視強化

タワーマンションの節税手法。


地方ではさほど効果は見込めませんが、


地価の高い中央では、結構な効果になるんでしょうね。




雑誌をはじめ、


新聞でも紹介されてしまった節税手法。


不動産会社の営業マンは、相続税の引上げで、追い風。






で、漸く、


これに蓋がされはじめます。


富裕層向けのみの節税手法。


ちょっと、動きが遅いかも。






__________________


__________________






日本経済新聞より


国税庁が全国の国税局に対し、タワーマンションを使った相続税対策への監視を強化する


よう指示していたことが2日、分かった。相続税評価額を低く抑える手法として人気を集めて


いたが、行き過ぎた節税策と判断されれば、今後は追徴課税される。


 


2015.11.02

第18回さくら会

昨日は、城南カントリークラブで


第18回さくら会の開催〜♪


雨にも合わずに、楽しく?プレイできました!




ご参加された14組のみなさま、


大変、ありがとうございました(^-^)


 


 


 


sIMG_3490.jpg

 


 


 


2015.10.30

2015.10.26

中国、四国の旅

 


 


sIMG_3326.jpg

 


 


 


 


sIMG_3331.jpg

 


 


 


 


sIMG_3333.jpg

 


 


 


 


sIMG_3375.jpg

 


 


 


 


 


sIMG_3382.jpg

 


 


 


 


sIMG_3383.jpg

 


 


 


 


sIMG_3391.jpg

 


 


 


 


sIMG_3400.jpg

 


 


 


 


sIMG_3415.jpg

 


 


 


 


sIMG_3427.jpg

 


 


 


 


2015.10.25

配達開始

マイナンバーの配達が


いよいよ始まるんですって。


 




へー。


自分の番号何だろう?




へー。


帰って、家族に配ろう、




へー。


何それ?




へー。


これで世の中公平な社会になるんだね。




へー。


この番号でまた新たな手口を…。


 


2015.10.22

iphone6s

iphone6s。


お写真、きれいです(^^)


 


sIMG_3303.jpg

 


2015.10.19

同窓会

土曜日の夜は、福岡で同窓会-。




全員は集まりませんでしたが、


1次会、2次会と楽しかったです♪


途中、コンタクト落としてしまいましたが(笑)


 


 


sIMG_3301.jpg

 


 


_______________________


_______________________





『最も重要な決定とは、




何をするかではなく、




何をしないかを決めることだ。』






(スティーブ・ジョブズ)


 




_______________________


_______________________






振り返ると、


結構、毎日、余計なことしている…('_')


切り詰めていけば、結構な時間になるんだろうな〜。






とりあえず、目の前の


TO DO LISTを


コツコツ、コツコツ。




 


2015.10.16

寝かせる

あっ!という間に週末(笑)


明日は福岡で大学時代の仲間と合流。


これが楽しみ♪




あっ!という間に昔のあの頃に戻って、


思い出話に花が咲くかも(^^)


みんな、どうしてたかな?






__________________


__________________





一旦、寝かせる、


って考え方が好きです。




分からないことや


出来上がったものを


一旦、寝かせる。






寝かせていると、


ある瞬間に、アイデアが出てきたり。


あるときに、間違いに気づいたり、


あるときに、もっといいものができたり。






これって、外山さんの『思考の整理学』


から学んだことです。


一旦、寝かせる。おススメです!




__________________


__________________






『アイディアは




それを一心に




求めてさえいれば必ず生まれる。』








(チャールズ・チャップリン)




 


 


2015.10.15

経営研究会

昨日の経営研究会、


ご参加いただきまして、


ありがとうございましたー!!






池部徹さんの素敵な曲も


目の前で聴くことができて、


よかったです♪






しばしの充電期間をいただき、


また、開催してまいりますので、


どうぞ宜しくお願いします(^^)






 


s12096360_755263441251100_63196418849805225_n.jpg

 


 


 


2015.10.14

少し立ち止まってみる

直ぐに走りださないで、


先ず、作戦を練る、考えてみる。


イメージを描いたら、走りだす。






走りながら、考える。


走りながら、作戦を練る。


走りながら、軌道修正していく。






どちらも真実だと思いますが、


私の場合は、前者が多い。


1人会議開催(笑)






____________________


____________________





『じっくり




考える時間は、




時間の節約になる。』








(プブリウス・シルス 劇作家)




 


 



ページトップへ