熊本の税理士のSMTコンサルティング株式会社「Nitta’s BLOG」

TOP > Nitta’s BLOG > 2020年1月の記事一覧
2020.01.31

2020.01.31

桁違い。

おはようございます。


新田 哲也です。





インフルエンザの罹患者数は、


年間で1000万人とか2000万人


という数なんですね。日本国内で。




今回のコロナウイルスは、


世界で5000人とか6000人とか。


少なく見積もっていたとしても、


そんなもんか。




んーーー桁が違いすぎる(笑)


それでも、新型だから怖いし、


分からないものは、初めては、


怖いですね。。。




中国から広まった、コロナウイルス。


動物との接触か、


食べてはいけないものを食べたか。


そういうの(サルなどか)食べる文化か。


2020.01.30

肺炎

おはようございます。


新田 哲也です。





新型肺炎、今後も、


広まっていきそうですね('_')



オーストラリアの山火事が


ひと段落したと思ったら、


次は、この問題。



ヒトやモノの流れが滞り、


世界経済に大打撃。



ちょっと、明るい話題が欲しい。


あ。オリンピック♪


2020.01.29

金融機関交流会

おはようございます。


新田 哲也です。





昨日は、TKC熊本支部と


金融機関との交流会。


3つあるうちのひとつめ(^.^)




議論も深まり、互いの事業も知り合い、


懇親会でも仲が良い、


いい感じですね。




過去の先輩方の努力の蓄積で、


いまこのように、


毎年開催できています。




感謝☆


2020.01.27

上司の哲学

『上司の哲学』


江口 克彦


PHP研究所




s-down8load.jpg





松下幸之助に仕えた著者が上司としての要諦を語る。


本書のようなことを実践できていた松下幸之助は、


ほんと、神様ですね。。



著者のような人物も、そうやって育てられてきたんですね。




___________________




上司であるならば、一瞬たりとも考えることを止めてはならない。


52P




熱意があるからこそ、そこに工夫が生まれてくるのである。


65P




成功を収めていくには、何段階かのプロセスがある。まず最初は願望から始まる。


何々がしたいという願望から全ては始まるのである。


次にその願望を、単なる願望から目標に変える。


そしてその目標を達成しようと決意するわけである。


決意をしたら今度は実行に移す。


そして実行したらそれを継続していく。これが夢の実現へのプロセスなのである。


66P





責任者たる者は常に考え続けていなければならないという信念が松下にはある。


だからなにも報告することがないということはあり得ないのだ。


「君、なにか用事はないか」というのが松下の口癖だった。


要は今の仕事の進み具合、今の会社のこと、


今なにを考えているかを報告せよということである。


96P-97P






実は知らず識らずのうちに松下の考え方に導かれていく。


私はそのようにして導かれ育てられてきた。


松下の雑談によって育てられたと言えるように思う。


導かずに導く。なぜ松下はそのようなことができたか。


それは松下自身にしっかりとした哲学があったからだ。


159P






けど、土地を買って金儲けをしようなどと考えたらいかん。


だいたい、人生と経営は賭け事ではないんやで」この「人生と経営は賭け事では


ない」というのは松下の哲学の一つである。このことを事あるごとに私に語りか


けた。227P






私利私欲にとらわれてはならないと、松下はいつも社員に訴え続けていた。


どうすれば会社が発展するかを経営者は常に考えなければならない。


その時にただ自分の会社のことだけを考えてはいけない。


自分の給料が上がることだけを考えてはいけない。


自分の会社が大きくなることで人々の幸せに貢献する。


すばらしい商品を生み出すことで、なによりもお客さんに喜んでもらい、


さらに社会に貢献する。そういう考えに立脚したうえで、


経営をしていかなければならない。


人間として正しいこと、社会的に正義であること。それがあくまでも基本になる。


これを忘れると、必ず会社は失敗する。


231P






経営者や上司にとって必要なのは、常に部下の人間としての本質、人格を評価し、


認めていくことである。その人の無限に持っている能力を絶対的に評価しながら、


部下と接していくことを心がけねばならない。


239P






能力というのは、短期間で修得することができる。


しかし人柄というのは短期間でつくられるものではない。


日々なにを考え、どういう行動をしているかが、


全て人柄やその人の雰囲気に出てしまうものだ。


273P


2020.01.24

バックオフィス

おはようございます。


新田 哲也です。





バックオフィスを外注する。


バックオフィスを受注する。


働き方改革でそのような、


仕事の在り方が増えてきています。



会計事務所も、


デザイン会社も、


派遣会社も、


バックオフィスを受注していく。



なんとなく、


違和感。



なんとなく、


面白くない(笑)




やはり、


仕事は、


前がいい。



バックという表現の問題か(笑)



フロントを歩いていきたい。


道をつくる業務、


頭を使う業務をやってたい。




バックオフィス。


うーーん。


2020.01.22

おはようございます。


新田 哲也です。





今日は、出張。


先週、今週と続きます。



昨年も、出張も含めて、


あちらこちらに行ってきました。




ドイツ、オーストリア、ハワイ、


ベトナム、フランス、それから、日本各地。



今年も、


オーストラリア、ニュージーランド、マレーシア、、


日本各地(笑)




人間が成長するには、


違う目で物事をみえるようにし、


そのためには、


1 読書


2 旅


3 人と会う


がいいそうです。




今年は、新しいことにも、


チャレンジする予定。



意識的に、


心がけて、


イイ感じに。


2020.01.21

出張

おはようございます。


新田 哲也です。





出張が続いてくると、


カラダが気付かないうちに、


疲労がたまっているのが分かります。



やはり、移動や宿泊、外食で、


知らない間に体を酷使してるのかもですね。



今朝、首相は体力がないとやってられないなと、


いらぬことを考えながら過ごしています(笑)


2020.01.20

年齢

おはようございます。


新田 哲也です。





んー。


なんだか、10日間ぶりくらいに、


体調が基に戻ったような気がします。


(笑)




元に戻るのに時間がかかる歳になったのか。


それとも、結構、ひどい疲れだったのか。


でも、今は、絶好調です!


2020.01.16

山火事

おはようございます。


新田 哲也です。





オーストラリアの山火事が大変なようですね。。


以外と、大きくは報道されていなかったような気がします。


動物たちが追い込まれ、森や緑が減っていき、観光も打撃。




行けるかな~、オーストラリア。


いや、いまだからこそ、


オーストラリアを経済支援するために(笑)


2020.01.09

新春セミナー

おはようございます。


新田 哲也です。





今年もやります。


1週間後です☆




s-新春セミナーチラシ_01.jpg


2020.01.08

未婚の母

おはようございます。


新田 哲也です。





母子世帯における未婚の母割合


1995年  6.5%


2005年  9.7%


2015年 16.6%




婚姻しないで子供を育てるひとり母。


どんどん上昇しているのですね。


欧米では、その割合は半分くらいだとか。




過去の当たり前がそうでなくなり、


過去の違和感が当たり前の世の中になる。




いまの社会でよいのはどちらかを


見極めていく力が必要ですね。


冷静に真実を見る目ですね。


2020.01.07

菜根譚

『菜根譚』


守屋 洋


PHP研究所




s-dffownload.jpg





読んでいると、


現代の中国の人たちは、


随分昔と変わったんだなと思ってしまう。



ひとくくりにはできないけど。


そういう考え方も、戒めないといけないのだろうけど(笑)


とても、善い本です。




________________




華美権勢に近づかないのは清廉な人物である。


だが、それに近づいても染まらない人物こそもっと清廉だと言える。


P21





平穏無事なときには万一の場合に備えることを忘れず、


いったん有事のさいには悠々たる態度で対処するように心がけなければならない。


P26





狭い小道を行くときには、一歩さがって人に道を譲ってやる。


おいしい物を食べるときには、三分をさいて人にも食べさせてやる。


こんな気持ちで人に接することが、すなわちもっとも安全な世渡りの


極意にほかならない。


P31





人に対して寛大であることは、人間学の基本なのかもしれない。


「寛なれば則ち衆を得」


P35





「天下に思い通りにならないことが、十のうち八、九はある」


人生に苦労が絶えないなら、苦労のなかに喜びを見出す生き方こそ、


最高なのかもしれない。


P76





常に喜びの気持ちをもって暮らすこと、これが幸福を呼びこむ道である。


常に人の心を傷つけないように心がけること、これが不幸を避ける方法である。


P87





天が冷遇して幸福を授けてくれなければ、わが徳を磨いて幸福をかちとるがよい。


天が苦役を課して肉体を苦しめてくるならわが心を楽にして苦痛をいやすがよい。


天が苦境に突き落として行く手をはばむならわが道を守って初志を貫徹するがよい。


これなら、天といえども、どうすることもできまい。


P107





自分の心をいつも満ち足りた状態にしておけば、


この世に、不平不満は存在しなくなる。


P114





人格は、包容力が高まるにつれて向上し、包容力は見識が深まるにつれて高まる。


人格を向上させようと思うなら、包容力を高め、包容力を高めようと思うなら


見識を深めなければならない。


P160





事業を発展させる基礎になるのは、その人の徳である。


基礎がぐらぐらしているのに、建物が堅固であったためしはない。


P173





学問は、三度の食事と同じようなもの、


誰にとっても欠かすことができない。たゆまず研鑽しよう。


P176





おだやかで冷静な心の持主には、自然に幸運が集まってくる。


P220





眼の前にあるすべてのことは、満足することを知っている者には理想の世界である。


P257





一つの立場、一つの価値観に固執するな、今現在の自分を絶対視するな、


より大きな立場に立って物事を視よ。


P292





あわただしいさなかにあっても、冷静にあたりを見回すだけの余裕があれば、


ずいぶんと心のいらいらを解消することができる。


暇でひっそりとしているときにも、情熱を燃やして事に当たれば、


またそこに捨てがたい魅力を見出すことができる。


P292





天地のあいだに存在するすべての物、人間関係のなかで起こるさまざまな感情、


社会のなかで起こるすべての出来事。これらはみな、一般の人から見れば、


それぞれに違って見える。だが、悟りの境地に達した人から見れば、すべて同じこと。


P320


2020.01.06

御用始め

おはようございます。


新田 哲也です。





本日、御用始め。


正月からずっと会社に出てきていたので、


あまりそんな感じはしませんが(笑)




7時に健軍神社にて参拝。


金融機関や民間企業、その会社員たち、


多くの方々が見えられていました。




2020年、なんだかいつにも増して、


新鮮な感じのする一年です。



ページトップへ