熊本の税理士のSMTコンサルティング株式会社「Nitta’s BLOG」

TOP > Nitta’s BLOG > 人を生かす
2019.07.05

人を生かす

『人を生かす』


稲森和夫


日本経済新聞出版社




download.jpg






盛和塾での答弁を文章にしたもの。


稲盛さんと松下さんの違いはどこなのかな。


共通点はどこなのかなぁ、なんてことを


考えながら読んでいました。




共通していると感じる中で一番強く思ったのは、


「情熱」なのかなぁと思いました。


「情熱」がないと、そこに何も生まれないのでしょうね。




情熱、情熱、情熱、、。



________________




結局は業績がいいときも無茶をせずそれなりに、悪いときは歯を食いしばって、


社員の生活を考えて面倒を見てあげるという考え方が必要です。


社員の生活を考えれば、いいときにはボーナスをはずみ、


悪いときには払わなくてもいいというわけにはいかないのです。


43P





私は創業まもない頃から、大きな夢を描きました。


「この会社を西ノ京原町で一番の会社にしよう。原町一になったら中京区一。


中京区一になったら京都一。京都一になったら日本一。目指すは世界一だ」


71P





それを売ることが、どういう社会的意義があるのか、


わが社にとってどういうことを意味するのか、


あなたの人生にとってはどういうことを意味するのかを


いわなければならないのです。


87P





私と同じ考え方、判断基準、責任感を持った人を育て、


その人にそれぞれの部門を任せていけば、会社を大きくできると思ったのです。


180P





私の経営の根底には、「人間の思いは必ず実現する」という信念があります。


254P





リーダーは、常に何か新しいものを求め、


常にクリエイティブなものを集団に導入していかなければ、


その集団の進歩発展をさせることはできません。


262P





そうあろうと努力されることが大切です。


263P



ページトップへ