熊本の税理士のSMTコンサルティング株式会社「Nitta’s BLOG」

TOP > Nitta’s BLOG > 一流の時間の使い方 豊かな時間を生み出す方法
2019.05.13

一流の時間の使い方 豊かな時間を生み出す方法

『一流の時間の使い方 豊かな時間を生み出す方法』


中谷 彰宏


リベラル社


 


 


dowffnload.jpg


 


 


スピードは、最大のサービス。


いや、最高のサービスだと思う。


正確さ丁寧さよりもそれは上回る、と思う。


 


そのコツを教えてくれる本です。


思っていたことを著者が代弁してくれたようで、嬉しかった。


 


 


______________


 


ムダになってもいいからと先に準備しておくことです。


スピードでしかやる気は表現できないのです。


25p





「すぐ」ではなく、「今」やるのです。


「すぐ」と「今」とでは天地の開きがあります。


48p





速いと選択肢がたくさんあります。


選択肢の数は、遅くなるとどんどん減っていきます。


102p





今の正解か不正解かより、次の正解か不正解かがわかることが、本当の正解です。


そのためには、早く試作品をつくって、早く変えます。


111p





アイデアはスピードの中から生まれます。


時間的に余裕のある時にはアイデアは出てきません。


132p





時間を節約するには、ルーティンを速くすることです。


毎日決められたことを、いかに速くするかです。


140p





テンポを上げると、集中力が増します。


集中力が増すと、細かいことにも気づけるようになります。


ゆっくりすると、逆に集中力がなくなって、雑になります。


176p





二流の人はムダを避けたがります。


「これをやってムダになったらどうしよう」と考えると、始めるのが遅くなります。


そのことが人生においては最大のムダです。一流の人は、まずやってしまいます。


199p


 



ページトップへ