熊本の税理士のSMTコンサルティング株式会社「Nitta’s BLOG」

TOP > Nitta’s BLOG > 2019年5月の記事一覧
2019.05.31

2019.05.31

3人

おはようございます。


新田です。





桜田さんの「子ども最低3人産んで」発言ですが、、、


そこまで、非難すべきことなのかなって、思います。


議員さんだから、一般人とは違うということは承知ですが。




何事も過敏に反応しすぎるような気がします。


まぁ、殆どはマスコミと野党なんでしょうけど。


針を棒のように伝えてしまう。




自立していれば、この発言があったからといって、


のれんのように流して気にはしないでしょう。


自分は自分、あなたはあなたでよいのだから。




桜田さんも、事の本質は、


日本のいまの一番の社会問題を考えての事なんだろうから。


1人の発言の一部を切り取って、非難する。そらいじめに近いのでは。


2019.05.29

個人版事業承継税制

おはようございます。


新田です。





個人版事業承継税制ですが、


適用される人はごくごく少ないと思います。


その理由を挙げれば、



1 事業の継続、終身が求められている。


2 小規模宅地との選択利用


3 小規模宅地選択すれば、事業継続は申告期限まで


4 事業計画の提出が必要。


5 建物の価格なんて、たかが知れているのでは。




個人事業を永続的に後継者が継続しなければならないなんて、


後継者の立場になれば、恐ろしくて仕方がない、


と思います。。。




想定しているのは、個人で長年やっている、


酒造り事業のようなところなのだろう。


2019.05.27

トランプさん

おはようございます。


新田です。





トランプさんが両国国技館に


入ってきたときの熱狂はすごかったなぁ。


なんだか、熱烈歓迎されている様子。





安倍首相が米国に行ったら


ここまではないのでしょうね。


さすが、アメリカ大統領なんでしょうね。




就任時はいろいろたたかれましたが、


イギリスはあんな具合だし、


ヨーロッパは不安定だし、


やっぱり、アメリカの一人勝ちになるのかな。


2019.05.24

おしん2

おはようございます。


新田です。




気持ちの良い朝の風が


部屋に入ってきます。


うれしいですね。




やはり、「おしん」は国民的ドラマだったんですね。


この話からもそれが裏付けられます。


なんだか、もう一度、あのシーンを観たくなりました。。




______________




私の履歴書


私は昭和天皇にご覧いただきたくて、このドラマを書いたような気がする。


だからおしんの生まれを陛下と同じ明治34年にした。


後に、陛下がおしんをご覧くださっていたという話を耳にして、


思わず笑みがこぼれた。








2019.05.23

在宅勤務

おはようございます。


新田です。





戦略社長塾に参加されている方の会社。


在宅勤務制度があるそうです。


少し驚きでしたが、会社に貢献してくれていると。




今の社会を冷静にみて、


多様な働き方にもっと、


目を向けないといけないのかなと反省しました。




いいですね、在宅勤務。


私もしようかな(笑)



2019.05.22

おしん

おはようございます。


新田です。





昭和58年にNHKで放送された「おしん」。


脚本は、橋田壽賀子さんだったんですね。




当時の自分と同じくらいの年齢のおしん。


彼女の「耐える」姿はその頃とても印象的でした。


クラスの話題でも、よくみんなと話していた。




私の履歴書の冒頭で最上川のことが書かれていましたが、


もしかして「おしん」の脚本は?と期待していましたが、


そのとおりでなんだかうれしかったです(笑)



___________________




私の履歴書より


1983年1月19日の最上川。雪こそ降っていなかったが、水は身を切るよう


に冷たい。筏を操るのは地元の元先頭さん。筏は見えないようにリープで


岸につながれ、万一に備えて2隻のモーターボートが待機する。


2019.05.21

名古屋城

おはようございます。


新田です。




名古屋城をぐるっと、


走ってきました(^-^)




s-IMG_3348.jpg


2019.05.17

気持ちの良い朝

おはようございます。


新田です。





気持ちの良い朝が続いています。


1年を通して、いまが一番その季節のような気がします。




明日から名古屋です。


ランチェスター戦略講師陣で


集まってのミーティングです。




各地で開催されている社長塾。


みなさんがどのように進め、


考えを持たれているか、貴重な場となりそうです(^^)


2019.05.16

置き換え能力

おはようございます。


新田です。





何かに置き換える能力。


自社に置き換える能力。


この能力って、大切だなと思います。




ランチェスター戦略を学んでいても、


置き換える能力に長けている経営者と


そうでない経営者が存在する。




前者はしばらくすると結果を出し、


後者はなかなか好転しない。


これって、置き換え能力の差ではないかと思う。


2019.05.15

日産自動車

おはようございます。


新田です。





日産自動車のドタバタ劇。


ゴーン会長を追い出した経営陣。


ゴーン会長に追随して日産を去った経営陣。





個人の問題だったのか。


会社の問題だったのか。


正義を貫くことが全体最適だったのか。


日産自動車は、三度、戻ってくるのか。




_________________




日産自動車が業績不振から抜け出せない。


14日発表した2020年3月期の連結純利益予想は前期比47%減の


1700億円を見込む。リーマンショック後の業績悪化が続いた10年


3月期以来、10年ぶりの低水準となる。


2019.05.14

霞が関の人間とマスコミの人

おはようございます。


新田です。





仁徳天皇陵古墳を含む古墳群が


世界遺産に登録される見通しらしいですね。


きれいな、大きい、古墳です、素晴らしい(^^)


 


 


というより、、ですけど。


文化庁の担当者らの発表は、昨日の夜中300頃。


周りにはそれを報道しようとする記者たち。


 


 


霞が関の人間とマスコミの人には、


働き方改革はないのだろう(笑)


それとも私が働き方改革の目的を分かっていないのかな。


2019.05.13

一流の時間の使い方 豊かな時間を生み出す方法

『一流の時間の使い方 豊かな時間を生み出す方法』


中谷 彰宏


リベラル社


 


 


dowffnload.jpg


 


 


スピードは、最大のサービス。


いや、最高のサービスだと思う。


正確さ丁寧さよりもそれは上回る、と思う。


 


そのコツを教えてくれる本です。


思っていたことを著者が代弁してくれたようで、嬉しかった。


 


 


______________


 


ムダになってもいいからと先に準備しておくことです。


スピードでしかやる気は表現できないのです。


25p





「すぐ」ではなく、「今」やるのです。


「すぐ」と「今」とでは天地の開きがあります。


48p





速いと選択肢がたくさんあります。


選択肢の数は、遅くなるとどんどん減っていきます。


102p





今の正解か不正解かより、次の正解か不正解かがわかることが、本当の正解です。


そのためには、早く試作品をつくって、早く変えます。


111p





アイデアはスピードの中から生まれます。


時間的に余裕のある時にはアイデアは出てきません。


132p





時間を節約するには、ルーティンを速くすることです。


毎日決められたことを、いかに速くするかです。


140p





テンポを上げると、集中力が増します。


集中力が増すと、細かいことにも気づけるようになります。


ゆっくりすると、逆に集中力がなくなって、雑になります。


176p





二流の人はムダを避けたがります。


「これをやってムダになったらどうしよう」と考えると、始めるのが遅くなります。


そのことが人生においては最大のムダです。一流の人は、まずやってしまいます。


199p


 


2019.05.10

ふるさと納税の新制度

おはようございます。


新田です。





今日は、福岡行きです。



ふるさと納税の件です。


意地を張り続けて、得るものはあるのだろうか。


素直に従えば、何のことはない。




それとも、取り消し承知の上で、


最後の納税回収に走ったのだろうか。


いずれにしても、得たものはあるのだろうか。



_________________




ふるさと納税の新制度が6月に始まるのに際し、総務省が静岡県小山町、


大阪府泉佐野市、和歌山県高野町、佐賀県みやき町の4市町の参加を認め


ない方針を固めたことが8日、分かった。


昨年11月以降、基準に反する過度な返礼品を贈り、多額の寄付を集めた


のが理由。



ページトップへ