熊本の税理士のSMTコンサルティング株式会社「Nitta’s BLOG」

TOP > Nitta’s BLOG > 2018年11月の記事一覧
2018.11.30

2018.11.30

顔認証

おはようございます。


税理士の新田です。




どこの現場でも生産性を上げていくことは、


人手不足が顕著なこれからを考えると、


必須になってきますね。




人が寄ってくるほどの魅力的な企業になるか。


でなければ、人に代替する設備投資を行うか、


生産効率を上げていくか、いずれかでしょう。




人が多く、規模が大きい企業が魅力的だった昔から、


生産効率が高く、人財が多い企業が魅力的な世の中へと変貌。





_______________



日本経済新聞


アマゾンが1月、米シアトルにレジなし店舗「アマゾン・ゴー」を開いた。


天井や棚に大量に設置されたカメラやセンサーで誰が何を買ったかを把握。


商品をバッグなどに入れて、専用ゲートから出るだけで買い物が済む。




______________




戦略社長塾  https://smt-c.jp/service/images/link01.pdf


SMT塾   https://smt-c.jp/service/images/link02.pdf


社長の会計塾 https://smt-c.jp/service/images/link03.pdf


2018.11.29

美的感覚

おはようございます。


新田です。






経営者の美的感覚って、


大切だよなって、思います。




事務所のなかでも、


来ている服でも、


看板でも、


チラシでも、


ホームページでも、


仕事のスタイルでも、


色使いでも、


言葉使いでも、、、、




これらに美的感覚がある経営者と


センスのかけらもない経営者とでは、


経営成績に差が出ているのだと思う。





絶対条件ではないけど、必要条件。


それは、言い換えれば、


意識力の差なのかもしれない。




______________




戦略社長塾  https://smt-c.jp/service/images/link01.pdf


SMT塾   https://smt-c.jp/service/images/link02.pdf


社長の会計塾 https://smt-c.jp/service/images/link03.pdf


2018.11.28

超訳 孫子の兵法

『超訳 孫子の兵法』


田口 佳史


三笠書房




s-doswwnload.jpg





将来に可能性を見つけてくれた本です。


今の活動の端緒となりました。


感謝しかありません。



______________


______________






自分の天性に合った分野、


競争のないオンリーワンの分野


世界的な広がりが展望できる分野


自分の資質・能力が生かせる分野


28p





あなたは、何を武器に戦うか?


自分にしかない能力と専門的な能力を明確にすることだ。


54p






人間は勝ちを焦ると、攻撃のことばかりを考えてしまう。


孫子はそこに着目し、まず守りを固めることが肝心だと言っています。


96p






「あるように見せておいて、実はない」


「ないように見せておいて実はある」


と見せて相手を翻弄することを意味します。


123p





敵の隙や弱みをつくのが攻撃の鉄則であり、


敵に隙も弱みも見せないことが守りの鉄則である


そこで勝負しようとは誰も思わない分野。


儲からない、乗り越えなければならない困難がたくさんある、


とにかく面倒な仕事ばかりでやる気になれない市場です


124p






自分が無になることで、相手は心を開きます。


売り込まないで相手の要望を聞き出すことなのです。


人相手の仕事のときはとくに、自分自身に「水になれ。無になれ」


と語りかけるのがいいんじゃないかと思いますね。


131p






陰の働きが大きくなると陽に転じ、


陽の働きが過剰になると陰に転じるというふうに、


見えない力が常に陰陽のバランスをとっているとされます。


どんな状況のときも常に自分に「智者の慮は、必ず利害を雑う」


と問いかけてください。


物事を利害の両面から考えて、いたずらに舞い上がることも、


落ち込むこともなく、冷静に行動できるようになるはずです。


163p







中国古典では、人は誰もがそれぞれ異なる性命、


つまり天から授かった性質である天性と、


運命をもって生まれてくるとされています。


その唯一無二の天性が何であるかに気づくことこそが、


独自の領域を確立することにつながるのです。


193p


2018.11.27

融資よりも人

おはようございます。


新田です。




お金預かり業、


融資業務を経て、


保険代理業務、


投信販売業務、


そのあとは、人材派遣業なんですね。



____________



日本経済新聞


「『融資よりも人を連れてきてほしい』と言われることが増えた」と


関西の地銀幹部は語る。




____________




戦略社長塾  https://smt-c.jp/service/images/link01.pdf


SMT塾   https://smt-c.jp/service/images/link02.pdf


社長の会計塾 https://smt-c.jp/service/images/link03.pdf


2018.11.26

二宮尊徳の道徳と実践

『二宮尊徳の道徳と実践』


大貫 章


モラロジー研究所



s-downlorrad.jpg






本って、沢山読んだ方がよいのか。


いい本を何度も繰返したほうがよいのか。


分からないけども、これは後者です。


繰返し読んで、味わっていたい本でした。




会社再建にも、


会社経営にも、


経営者にも、役に立ちます。



_______________





一、善行者を表彰すること(善を賞すること)


二、生活に困っている人を助けること(困窮者を恵み助けること)


三、荒地を開き、土地を改良すること(地力を尽くすこと)


四、人々を感化し、やる気を起こさせること(教化を布くこと)


五、貯蓄を積むこと、以上のとおりである


まず、意欲も高く成績も良い者を投票によって選び、賞金や農機具を与えたり、


無利息金を貸しつけて古い借金の肩がわりをさせたり、住宅を建ててやったり、


このように大いに表彰して村の模範とさせるのである。p27






尊徳は、物や人に備わる良さ、取り柄、持ち味のことを「徳」と名づけ、


それを活かして社会に役立てていくことを「報徳」と呼びました。p33





どんなものにも よさがある


どんなひとにも よさがある


よさがそれぞれ みなちがう


よさがいっはい かくれてる


どこかとりえが あるものだ


もののとりえを ひきだそう


ひとのとりえを そだてよう


じぶんのとりえを ささげよう


とりえとりえが むすばれて


このよはたのしい ふえせかい


p34,35






「自分が早起きしてのちに民にこれを教え、自分がおそく寝てのちに


民にこれを教え、自分が精励してのちこれを民に推しひろめ、


自分が節約や倹約を行なってのちこれを民に及ぼし、


自分が忠信孝弟であってのち民を導く。百の行ない皆同様である。


それでもなお民にふるい立たぬ者があるとしたならば、


それはわが心に誠実の至らぬものがあるためである。


p104






経書を読んで道を会得し、幸いに聖賢の境地にまで達し得たならば、


よろしく民衆と共に生活し、これを教え導き、みずから倹約して余財を推し譲り、


ひろく施し救う道にいそしむべきである」


p184







わが道は勤・倹・譲の三つにある。


勤とは、衣食住になるべき物品を勤めて産出することをいう。


倹とは、産出した物品をむやみに費やさないことをいう。


譲とは、衣食住の三つを他に及ぼすことをいう。この譲には、いろいろある。


今年の物を来年のために蓄えるのも譲だ。


それから子孫に譲るのと、親せきや友人に譲るのと、


郷里に譲るのと、国家に譲るのとがある。


その身の分限によって、つとめて行なうべきだ。


p218



______________




戦略社長塾  https://smt-c.jp/service/images/link01.pdf


SMT塾   https://smt-c.jp/service/images/link02.pdf


社長の会計塾 https://smt-c.jp/service/images/link03.pdf


2018.11.25

魚釣り

こんにちは。


新田です。




s-IMG_1906.jpg



年に数回行く魚釣り。


寒かったけど、釣れてよかった。




______________



戦略社長塾  https://smt-c.jp/service/images/link01.pdf


SMT塾   https://smt-c.jp/service/images/link02.pdf


社長の会計塾 https://smt-c.jp/service/images/link03.pdf


2018.11.23

ゴーンさん

おはようございます。


新田です。




日産のゴーン会長ですが、


法律の問題というよりも、


たぶんに心情的な問題だったんでしょうね。




ゴーンのやりかたが許せなかった。


ゴーンが認めてくれなかった。


ゴーンに冷たくあしらわれた。


ゴーンが暴走していた。




会長を退任させるには、


ああするしか仕方がなかった。


だって、今になって始まったことではないだろう。


2018.11.22

ガラス張りの税制

おはようございます。


新田です。




税制は複雑なものよりも


シンプルでガラス張りなほうがいい。


だからこそ、公平が浸透するんだと思います。




複雑にすれば、さらに複雑になり、


そして、抜け道ができてしまう。


そんなものだと思います。




で、複数税率や、消費税増税対策。


株価連動型役員報酬なんて、


一般人には何のことかわからない(笑)


組織再編成やグループ法人税制、なんのこっちゃ(笑)


2018.11.21

引き算する勇気:会社を強くする逆転発想

『引き算する勇気:会社を強くする逆転発想』


岩崎邦彦


日本経済新聞出版社



s-downloavvd.jpg






この方の講演は、


とても共感でき、


そして、面白かった。





一言も言葉に出てきませんでしたが、


底辺にはランチェスターが流れています。


機能しているといった方がよいかもしれません。



_______________





知識を生かすためには、必要のないものを引き算する力、


重要なものを選択する力、選択した知識を掛け算する力などが欠かせない。


p58






資源が豊富にある大企業と違い、経営資源が乏しい中小企業は、


「限りある資源」を「限りなく効果的」に活用しなければいけない。


p63







足し算をして拡げれば拡げるほど、他社と重なりができる。


つまり、「足し算」は競争を促進するということだ。


競争が厳しくなればなるほど、価格競争に巻き込まれやすくなり、


収益は減少していく。足し算企業は、儲かりにくいということだ。


「足し算」の行きつく先は、勝つか負けるか、他社との熾烈な競争である。


最終的に、勝つのは少数の規模の大きな企業だろう。


加えて、足し算は他社に真似されやすい。


一時的に成功したとしても、経営資源に余裕のある別の企業に


すぐ模倣されてしまう。p64,65






引き算に成功するための第一の前提条件は、ぶれない「軸」がある


ということである。


すなわち、引き算に成功する企業には、明快な経営コンセプトが欠かせない。






「完壁がついに達成されるのは、何も加えるものが富なった時ではなく、


何も削るものがなくなった時である」(サン.テグジュペリ)


p204


2018.11.20

ライトアップコンサート

s-IMG_1872.jpg



熊本法人会ライトアップコンサート。


毎年綺麗な姿を見せてくれます ^ ^


2018.11.19

10H

s-IMG_1879.jpg



一本木にてっぺんに太陽が昇った。


2018.11.19

セミナー

おはようございます。


新田です。




今日は、ハウスメーカー主催の


セミナーにて民法改正について


話してきます ^ ^ 




セミナーの種類も沢山あるもので、


そのなかでも不動産投資について


特に年配者向けのセミナーが存在します。




これに何人も誤った道を選択し、


目先だけの利益に心を奪われた


人たちを見てきてきました。




煽り型のセミナーはろくなことはない。


しっかりとセミナー選択の目を養い、


大切な時間をこれからに投資したい。


2018.11.16

アパート融資減速

おはようございます。


新田です。





今更かと思う。


アパート建築のための新規融資。


その土地を購入するための融資。


さらには、サブリース契約による安心。




マクロ的に人口減少を考えれば、


冷静にそのあたりのことを考えれば、


今までが異常なことをやっていた。





我々が容易に思いつく愚策もあったり、


我々が到底思いつかない奇策もあったり、


世の中には我々の想像を超えることが沢山。



____________



日本経済新聞


アパートやマンションなど投資用不動産向け融資が曲がり角にきている。


日本経済新聞が全国の地方銀行に実施した調査によると、今後、積極的に


融資を伸ばす地銀はゼロだった。



2018.11.15

タッグ

おはようございます。


新田です。




アライアンスですね。


ようは、誰とタッグを組むか。


案件でもそれは変わるのかもしれません。




その道の専門家がタッグを組む。


専門家一人だけでは、


高度な仕事ができない。



いや、タッグを組むから


高度な仕事になっていくのかもしれません。



___________



日本経済新聞


ドーガンは、企業のM&Aや事業承継に助言するアライアンス組織を立ち上げる。


外部の会計士らと、事業承継や事業再生のニーズが高まる中小の案件に幅広く


対応する。



ページトップへ