熊本の税理士のSMT CONSULTING 株式会社「Nitta’s BLOG」

TOP > Nitta’s BLOG
2017.12.31

大晦日

平成29年も色々とあったな。


毎年、色々とあって、


面白いなー。



来年はどんな年になるんだろう。


体系化し、世に広めていく。


そんな星に合った1年にできたらな。


したいな。







2017.12.30

働き方改革

今年流行った言葉。


働き方改革。


働くことが空気になれば、


出てこない言葉なんだろうな。



働き方を変えるんじゃなく、


働き甲斐のあるように変えていく改革。



そういうことが、


きっと、必要なんだろうな。



2017.12.29

相続登記

相続の登記は、なぜ任意だったのだろう。


その理由がわからないのですが、


これが漸く義務になりそうです。



今更の感はありますが、


それでも、未登記面積が北海道を


超えてしまう事態はさけなければ。


_____________


_____________




日本経済新聞より


政府は所有者不明の土地や空き家問題の抜本的な対策に乗り出す。現在は任意となっている


相続登記の義務化や、土地所有者の放棄の可否などを協議し、具体策を検討する。






2017.12.16

一番の斜陽業種は地銀かもしれない

このような記事を読むと、


一番の斜陽業種は地銀かもしれない。


20年前は考えられなかった。


 


市場から地銀に退場がはじまる。


でも、大半の地銀は黒字決算。


危機感を持ちにくいかもしれない。


 _____________


_____________


 日本経済新聞より


日銀はマイナス金利で地銀を苦しめた張本人。


倒産確率の分析で経営状態の把握に努めるが、問題の根は地銀の経営にあるとみる。


低金利の貸し出し競争に血道をあげ、収益源を多様化できていない。


2017.12.11

嬉しいニュース

最近、暗いニュースや


不祥事事件が相次いでた日本。


久しぶりの明るいニュースですね!


 


大谷くん、楽しみですね。


お金でもなく、環境でもなく、


自分がやりたいことをできる球団をチョイス。


 


われわれも、彼から


学ぶことができること、


沢山ありますね(^^)


2017.12.10

2017.12.09

金波楼

今夜は金波楼。


明治43年開業。


多くの人を受け入れてきたんだろう。


s-IMG_7482.jpg


s-IMG_7486.jpg


2017.12.06

AI融資

 


銀行融資担当者はいらなくなる。


消費者が消費者を信用評価する。


形のある現金がなくなる。


駅前の店舗も余分な塊になる。

____________


____________


 


日本経済新聞より


アリババ傘下の金融会社、アント・フィナンシャルの最高戦略責任者はこう語る。


スマホを使って融資を申請するのに必要な時間が「3分」。融資の可否は人工知能(AI)


が「1秒」で下す。融資業務にかかわる人では「0」。元利払いが滞る割合は、数〜


10%程度とされる消費者金融を大きく下回るとしている。


 


____________


____________


 


すでに、いま、中国はこれで動いているから。


 




2017.12.05

事業モデル

価格競争に巻き込まれにくい


独自の事業モデルを追求。


大企業と同じだと価格競争。


 


______________


 


ゲームソフト会社


日本ファルコム営業利益率 44.2%


バンダイナムコ営業利益率  9.5%




ブランド品販売サイト


エニグモ営業利益率  38.2%


楽天営業利益率    14.2%


 


 


2017.12.05

3S

選択と集中と差別化。


まとめて、3S(笑)


 


 


これを決定できれば、


動きが軽くなる。


判断も早くなる。


利益も出始める。


 


 


選択と


集中と


差別化。




2017.12.04

海外進出

もう、海外進出とは言わないのかも。


なぜなら、すでに、スタートアップ時から


海外でのビジネスを想定しているから。


 


 


ビジネスに国境がなくなることを


より身近に考えていかないと、


取り残されていきそうですね(^-^;


 


__________________


__________________


 


 


日本経済新聞社が未上場の有力スタートアップ企業108社を対象に実施した「NEXT


ユニコーン調査」で、44%に相当する48社が「最初からグローバル展開が視野に


入っている」と回答した。起業時にすでに海外に打って出る考えを持っていた。グロ


ーバル展開を目指している企業は9割を超えた。


 


 



ページトップへ