熊本の税理士のSMT CONSULTING 株式会社「Nitta’s BLOG」

TOP > Nitta’s BLOG > 2017年1月の記事一覧
2017.01.31

休職予備軍

休職予備軍や退職予備軍をAIで察知する。


えっ!そんなこと全然考えていないよ!


末恐ろしい世の中になるのかな。




_________________




日本経済新聞より


日立ソリューションズは2月、休職する可能性が高い社員をAIで割り出すシステムを発売する。


業務の様子や残業時間から判断。


 


2017.01.30

盆栽

 


sIMG_5066.jpg

 


盆栽、いただきました!


五葉松です。


始めようかな~(^-^)


 


2017.01.29

おめでと!

 


sIMG_5056.jpg

 


やまちゃん、おめでと!!


 


2017.01.26

くじゅう

sライブカメラ情報 _ 大分県道路規制情報提供サービス-2_02.jpg


くじゅう 牧ノ戸登山口      寒いっ!    きれいっ!


 


2017.01.25

LINE

LINEの収入内訳




広告 547億円


スタンプ 292億円


配信コンテンツ 447億円


その他 119億円




営業利益が前年の10.2倍


10.2%増ではなく、10.2倍!!


恐るべし。




パイは限られているから、


今後は、サービスの深さで勝負。




 


2017.01.20

2017.01.19

すれ違う男と女

すれ違う男と女。


とても納得で、


とても、面白い(^^;


 


 


sIMG_5046.jpg

 


 


2017.01.18

定期同額給与

額面が同額でなくても、


手取り額が同額だったら、


定期同額給与でもいいよ。






んー。よくわかりません。


これが、どうして、「攻めの経営」に


繋がるのか。


2017.01.17

2017.01.17

山行って、


もくもくと、


ただ、もくもくと、登っていたい




(#^^#)


 


2017.01.16

カリオストロの城

先日、テレビで「風の谷のナウシカ」


が放映されていました。




驚いたことに、要所要所で私は、


ナウシカのセリフをちゃんと覚えていました。




公開されたのは、6年生のとき。


何度も何度も、繰り返し見たからかな〜笑




ナウシカの次は、「カリオストロの城」。


これも、たまらなく、面白く、


子ども達も何度み見ていました。




その、「カリオストロの城」が4D映画に


リマスターされるという。


いや〜、行ってみたい♪




大江で見られるのかな〜(^^)/




 


http://kotono-tsubo.com/lupin-cagliostro-mx4d/


 


 


なかった(;_;


 


 


 


2017.01.16

寒いっ!

いや〜、、、、


今朝は、寒いっ!


車外温度 ▲2.5度!!




今日は、18:30から


パレアで新春セミナー。


楽しみです♪






 


 


 


 


2017.01.14

休廃業と解散と倒産

「休廃業」…資産が負債を上回る資産超過の状態で事業を停止すること。


「解散」…資産に余力を残した状態で清算手続きをすること。


「倒産」…債務超過で債務の支払い不能に陥った場合。






で、倒産は8年連続減っているけど、


休廃業、解散は過去最多を更新した。


後継者難や人出不足なんだろう。




______________


______________






日本経済新聞より


2016年に休業、廃業したり解散したりした会社の数が2万9500件を超え、過去最多を更新


する見通しとなった。3年ぶりに増加に転じる。


 


2017.01.14

不退転

事業再生に大切な要素の一つが


これなんでしょうね。


これがなければ、きっと、成し遂げられない。




______________




私の履歴書より


私はもちろん、日産リバイバルプランを信じていた。


人々には信じてほしいとお願いする代わりに、「1年後に黒字化できなければ、他の役員ととも


に辞める」と公言していた。


 


 




2017.01.12

アウトサイダー

私の履歴書。


文化人より、会社経営者のほうが


楽しく読めます。




カルロスゴーンは、


ヘッドハンティングでミシュランから


ルノー入りし、改革を進めたのだ。




______________


______________






私の履歴書より


私は冷静に臨んだ。もともともめ事を好まない性格だ。


基本線は譲らないが、感情的な議論は避け、不安と誤解をじっくり解きほぐすやり方を貫いた。


シュバイツァー会長も支えてくれ、大きな対立を招くことは結局なかった。


だが、失敗したらそっぽを向かれる、と緊張感は持っていた。


アウトサイダーの私が本当の意味で信頼を得るには結果を出すしかなかったのだ。




 



ページトップへ