熊本の税理士のSMT CONSULTING 株式会社「Nitta’s BLOG」

TOP > Nitta’s BLOG > 2016年2月の記事一覧
2016.02.29

私の履歴書

2月の私の履歴書は、


あまり盛り上がりもなく、たんたんと(^^;)


これが、三浦知良だったら、また違ったのか。






やっぱ、サラリーマンから


企業トップに上りつめたような語りが面白い。


次月に期待。


2016.02.28

高知県奈半利町

高知県奈半利町から


届いた贈りもの。


あれは、金目鯛かな(*^^*)




 


 


sIMG_3757.jpg

 


2016.02.27

致知10月号

『致知10月号』


致知出版社


 


 


sIMG_3756.jpg


 


 


福沢諭吉をはじめ、偉人と言われる人は、


努力が突き抜けていますね。


そして、大きな大きな志があったんですね。


 


いや、本人たちは、「努力」とは、思っていない。


「努力」じゃなく、好きでやったんだと。


 


________________


________________





「商売というのは簡単なんだよ。太陽のように生きればいいんだ。太陽は二つのものを人に


与えてくれる。一つは熱。熱意を持って人に接すれば、その熱は自然と相手に伝わる。


もう一つは光。光を与之て相手を照らし、関心を持ってその人の存在を認めてあげることが


大事なんだ」






「自己自身を修めるにはあまり効果を期待せず、静々と人知れずやられるといい。


それを三十年、四十年とずっと続けていくと、風格というものができてくる」


9P






…ただのまくらをしてみたいから持ってこいと言ったが、まくらがない、どんなに捜してもない


というので、ふと思いついた。


これまで倉屋敷に一年ばかりいたが、ついぞまくらをしたことがない、というのは時はなんど


きでもかまわぬ、ほとんど昼夜の区別はない、日が暮れたからといって寝ようとも思わず、


しきりに書を読んでいる。読書にくたびれ眠くなってくれば、机の上に突っ伏して眠るか、とこ


ぶちあるいは床の間の床側をまくらにして眠るか、ついぞほんとうにふとんを敷いて夜具を


掛けてまくらをして寝るなどということは、ただの一度もしたことがない。


30P


 


 


2016.02.26

初恋

水俣市で面白い企画があっていますね。


新田の初恋はいつだろう…。


んー。覚えていない(*^^*)


 


 


 


f9e3f38e-da19-49dd-afc0-b43028575353m_hp_952_220.jpg

 


 


水俣 初恋ポッドキャスト


https://minamata-web.jp/hatsukoi/MyHp/Pub/


 


__________________


 


 



 


2016.02.25

熊本フェア

品川駅構内でやってた


熊本県フェア。


東京での地方人気はすごいんだ!


 


 


 


sIMG_3752.jpg

 


 


 


 


sIMG_3749.jpg

 


 


________________




飛行機から眺めた


雪を被った山々が


とても美しかった。


 


 


 


sIMG_3754.jpg

 


 


 


 


2016.02.24

受験生

羽田空港には


受験生とその親と。


そんなシーズンなのですね。






メガネをかけた女子高生が


大きなバックを手に持って、


ひとりで空港のお蕎麦屋さんに入ってきた。






頼んだかけ蕎麦を心細そうに


食べているその女の子が娘と重なって、


涙が出てどうしようもなくなる(^^;)




 


2016.02.22

一の峯 二の峯

冠ヶ岳まで足を延ばしたかったけど、


寒て、風も強くて、断念しました。




朝、ススキらに着いた


樹氷がとてもきれいでした(*^_^*)




_________________


 


 


 



 


 


 


 


sIMG_3727.jpg

 


 


 


 


 


sIMG_3741.jpg

 


 


 


 


sIMG_3747.jpg

 


 


 


 


sIMG_3731.jpg

 


 


 


 


sIMG_3746.jpg

 


 


 


 


sIMG_3723.jpg

 


 


 


2016.02.20

エベレスト 〜映画

洋画がいいかな。


邦画がいいかな。


両方、みたいな。


 


 



 


 


 


 


 



 


2016.02.19

致知1月号

『致知1月号


致知出版社


 


 


sFullSizeRnder.jpg

 


 


ぼちりぼちり、読んでいます。


寝る前にぼちりぼちり、読んでいます。


風呂にもって、ぼちりぼちり、読んでいます。


そのため、しゅわしゅわになってます(笑)






___________________


___________________






日本が今後も繁栄を続けるためには、他の国以上に付加価値の高い技術を生み出して、


人類に貢献をする。こういう生き方しかないんだろうと思っています。


そしてその技術を生み出すのは、人です。突き詰めれば日本の最大の資源は人だと思


ます。 16P






大久保を支えた大隈重信はその回顧談の中で「大久保の特質は意志の堅固と冷静と決断


力に富んでいたこと」「熟考し再考し三考するという風で、沈思黙考の結果、善いと確信


したならば、彼は猛然進んで毫も余力を残さないというやり方であった』と述べています。


31p






過去の偉人を見ると島流しに遭ってすべてを失いながらも、力強く立ち上がり立派な足跡を


残したような人たちが多くいらっしゃいます。


僕はすべてを捨ててゼロになることをありがたいチャンスだと考えました。


実際、一回ゼロになるとものすごく強くなりますね。もう逃げ道はないですから。


38p

 




 


2016.02.18

所長室

新田には、一応、所長室がある。


北側の所長室は、夏は、涼しいけど、


いまの時期と-っても寒い(^^;




暖房スイッチをおしても、


暫くは、温風がでてこない(^^;




私の帰ってくる時間を見計らって、


暖房スイッチを点けていてくれる素敵な社員がいる。


素晴らしいなーって、思います(*´з`)




ホント、


頭が下がります。。。




 


2016.02.17

組織のバランス

働きアリと怠け者アリのニュース。


とても、面白いですね。




人の組織も同じようなものなのかもしれませんね。


でも、なんとなく、分かる気がします。




「みんなが働き者だと、組織がダメになるよ。。」


「いざ、というときは、オレは動くよ!」みたいな(笑)




___________________




日本経済新聞より




働かないアリがいる集団の方が、働き者が疲れた時でも卵の世話などの担い手を常に確保できるた


め、長く存続した。


実際のアリの観察でも、働き者が疲れて休むと、怠け者が働きだすことを確認した。


アリは「仕事への腰の軽さ」に個体差があり、腰の軽いアリから、順に働きだす傾向があるという。


長谷川准教授は「組織運営に当たり、長期的存続の観点を含めて考えることの重要性が示された。


会社で働かないと思われている人も、相対的に腰が重いだけで、ピンチとなれば活躍する可能性


はある」と話している。




 


2016.02.16

福沢諭吉先生

ガンバレ、受験生!


______________




日本経済新聞より


読書にくたびれ机に突っ伏して眠るか、床の間の縁に頭をのせて眠る。


普通の枕は使ったことがないー。福沢諭吉は大阪の適塾時代を自伝でこんな風に記す。


「実にこの上に為ようはないというほどに勉強していました」と述懐した。


2016.02.16

散歩

朝の散歩。




武道館では、


毎日、朝稽古があってます。


7:30には練習が終わるようでした。






県庁近くでは、賃貸マンションの


建設場所が増えています。


空き家が増えるはずです(^^;


 


 


 


 


sIMG_3704.jpg

 


 


 


 


sIMG_3703.jpg

 


 


 


2016.02.15

動かなければ進まなければ

動かなければ、何も変わらない。


進まなければ、何も起こらない。




よいことがおきれば、


それに対応すし、


そうでなければ、またそれに対応する。




だから、とりあえず、


動いてみる、


行動を起こしてみる。


 


 


動いた結果を、


知りたいだけ。




________________


________________





『疑わずに最初の一段を登りなさい。




階段のすべて見えなくてもいい。




とにかく最初の一歩を踏み出すのです。』


 




Take the first step in faith. 




You don’t have to see the whole staircase, 




just take the first step.






(キング牧師)




 



ページトップへ